ヘアメイクが変われば指名数も変わる?


2016年11月17日 18:41


キャバ嬢ならヘアメイクで手を抜いてはいけません

いくら高価できらびやかなドレスを身に纏っても、ヘアメイクに手を抜いてしまったらお客様に気に入ってもらうことなどできません。
ドレスとヘアスタイル、そしてメイクは三位一体の関係
どれか一つでも欠けてしまってはいけないのです。

もし人気を獲得し指名数を増やしたいのであれば、この点を理解した上で準備をしておく必要があります。

ヘアメイクのポイントは、顔立ちやドレスにマッチしていること。
単体で見れば素晴らしいけど、それがアンバランスになっていると間抜けな印象を与えてしまいます。
ドレスがゴージャスならヘアスタイルもゴージャスに、衣装がシンプルならヘアスタイルもシンプルに、これが基本。

実際に人気のあるキャバ嬢は、これが毎回できているんです。
当たり前のように毎回時間をかけて準備をし、そしてお店に立っています。

お客様に喜ばれるヘアメイクはどのようなものか、これを探求することにも手を抜いてはいけません。
月や曜日などでキャバクラに来店するお客様の特徴を把握し、それに合わせてヘアスタイルやメイク、そしてドレスを変えているキャバ嬢もいるほどです。

ここまで研究熱心になれれば、自然と指名数は増えていきます。
逆に、六本木という街では、ここまで徹底してやらないと他のキャバ嬢に指名を持って行かれてしまうと思っておくべきでしょう。

プロに任せるとともにこだわりも持っておくこと

六本木のキャバクラ店では、多くの場合ヘアメイクアーティストを抱えています。
つまり、お店専属の美容師さんなどがいて、営業が始まる前にその人にヘアスタイルやメイクなどを整えてもらうことができるんです。

  好かれるキャバ嬢はヘアメイクさんにも感謝を忘れない。


それでも女性によっては、お店の外の美容院など専門店に行き、その日のイメージを作り上げてもらっている人も少なくありません。

お店の外の美容院などに行くと、その分お金がかかってしまいますけど、それだけこだわりを持っている人は、たいていが売れっ子。
お金に余裕があるというよりも、こだわりがあるからお金を稼ぐことができているんですね。

このように、自分なりのこだわりを持っておくことも大切です。
お店専属の美容師さんにお任せする場合でも、日によっては細かく指示を出してイメージを変えてもらったりしてみましょう。

いつもお店に来てくれるお客様も、たまにイメージが変わっていれば嬉しいはず。
それも喜ばれるためのテクニックとなりますし、「また指名したい」と思ってもらう要素となります。

人気のキャバクラ嬢はみんなこういうことをしていますが、六本木はそれだけ生き残るのが難しい世界とも言えるのかもしれません。
もし本気でこの地で売れたいなら、会話術や振る舞いなどと同時に、ヘアメイクにも力を入れるようにしましょう。


  特別感を演出!指名数が伸びる営業テク