第一印象が指名増のカギを握ります!


 

勝負に勝つには第一印象が重要です

 

勝負に勝つには第一印象が重要です

「六本木 キャバクラ求人」でネットを検索していろいろなお店の求人を見てみると、時給がとても高くて、ついついたくさん稼げてしまう印象を持ちがちです。
もちろん、六本木のキャバクラは稼ぐことができますよ。
でも、同じお店で働くキャバクラ嬢との勝負に勝てなければ、収入は並のままで終わってしまうでしょう。

勝負に勝つには、できるだけ指名を増やす必要があります。
指名を増やすには、初めて接客したお客様に気に入られなければなりません。
つまり、第一印象がすべてのカギを握っているということ。

  指名を増やす営業テクはこちら

人は見た目や印象で相手を判断している、これはすでにデータによって証明されていることですし、お店を訪れる男性は夢を買いに来ているわけですから、第一印象が良くなければ話になりません。

裏を返せば、初対面で良い印象を残すことができなければ、その人から指名を受けることは今後できなくなるということにもなります。
当然、人気も上がらなければ収入も増えないまま。

初対面に勝負をかけましょう!
お得意様を逃さないことも大事ですけど、そもそも分母を増やさなければ収入は上がりませんから、ここに全力投球するつもりで仕事をしなければいけません。

印象をよくするためのポイントとは?

第一印象といっても、キャバクラの場合にはお客様と30分や1時間など、ある程度の時間一緒に過ごすことができます。
ここで良い印象を相手に植え付けることができれば、勝負に勝てる可能性が限りなく高くなるでしょう。

印象を良くするためのポイント、まずは笑顔です。
笑顔が素敵な女性は、たとえ顔の作りが劣っていたとしても、印象を良くすることができます。
常に自然な笑顔ができるようにしておいてください。

他に重要なのが、話の聞き方。キャバクラを訪れる男性は話をするのが好きな人がとても多いです。
武勇伝、仕事の成功話、彼女や奥さんの愚痴など、こうした聞いていても楽しくない話もされるかもしれませんが、それを上手に聞くことができれば、「この子は自分を理解してくれている」という印象を与えることができます。

よく気がつくこと、これも大事です。
テーブルが汚れていればさりげなく片付けたり拭いたりできる、灰皿の交換も自然に行える、服装等が乱れていれば優しく直せる、そんな女性は必ず気に入られますよ。

  苦手なお客様にも笑顔で対応しよう

指名を増やすには、こうしたことをコツコツと積み重ねて印象を良くするしかありません。
初めてキャバクラ嬢として働く人でも、意識すればできることばかりですから、「六本木 キャバクラ求人」で検索しながらお店を探すと同時に、トレーニングも積みながら自分磨きをしておきましょう。

人気キャバクラ嬢が身につけているテクニックとは?

六本木に似合うのは品のある女性です

いくら顔が整っていても、いくらスタイルが良くても、それだけでは生き残っていくのが難しいのが六本木という街。
六本木のキャバクラで働くだけならまだしも、そこで指名数を増やして人気を獲得し収入もアップさせたいなら、品のある女性を目指さなければいけません。

六本木のキャバクラによく訪れるのは事業の成功者やスポーツ選手、タレント、そして外国人観光客です。
アホっぽい女の子を好むような人は、この中にはほとんどいません。

たいていのお客様が、上品でその辺を歩いている一般的な女性とは違う雰囲気を漂わせているキャバクラ嬢を求めてお店に来ています。
そうした人を虜にしないと、指名を増やすことはできないのです。

  お客様の目に留まるように外見も磨こう


何よりも、振る舞いや所作に注意しましょう。
動きは小さめ、その上できびきびと無駄なく動く、これだけでもとても品があるように感じられます。
笑う時には大口開けて手をバンバン叩くようではダメ。
口元に手を持っていくなどし、アホっぽさが出ないよう上品に笑ってください。
こうした振る舞い一つで、相手に与える印象は全然違うものになってきます。

足の置き方にも注意。
もちろん広げたり組んだりなどしないこと。
足を揃えて軽く斜めに傾けながら、必要以上にその形を崩さないことで品を演出することができます。

お客様と話すときの注意ポイントはコレ!

話し方、これもとても重要です。
見た目が綺麗でも、話し方が汚ければ、それだけで印象がガタ落ち。
むしろ、顔が綺麗だからこそそのギャップで、印象は地の果てまで落ちると思っておいた方がいいでしょう。

これは話の聞き方にも共通して言えることですけど、必ずお客様の目を見て話したり聞いたりするようにしてください。
相手が、「自分の話をちゃんと聞いてくれている」と思えるかどうかは、目を見ているかどうかと関係しています。
相手がこちらを見ているのにこちらが相手を見ていなければ、「適当に話を聞いている」などと感じ、相手が不快に思うのは当然のことなんです。

声のボリューム、口の開け方、目など口以外の動き、こうしたところにも気を遣わなければいけません。
人と話す時に、どうしても声のボリュームが大きくなってしまったり、逆に小さくなってしまう人がいます。
適度なボリュームを見つけられるようなテクニックを身に付けておきたいところ。

  お客様に「また会いたい」と思わせるコツ

口の開け方も、それが大きくなり過ぎれば下品に映りますし、逆に小さいとモゴモゴと喋っている印象になってしまうでしょう。
話す時に眉間にしわを寄せたり、目つきが悪くなってしまう癖がある人も、話し方には気をつけなければいけません。

  スタッフにも他のキャストにも好かれるキャバ嬢はお客様にも好かれる

これらは振る舞いと同じくらい印象を左右することになるので、六本木のキャバクラのような目の肥えた要求の高いお客様が集まるお店で指名を増やしたいなら、早めに自然にできるようにしておく必要があります。

愛らしい笑顔のキャバ嬢は好感度が高い!